単なるストラップではなく、フォトグラファー向けギアシステムへPeakDesign『SLIDE』

フォトグラファー向けギアブランド『Peak Design』。

同社のフラッグシップ・カメラストラップ『SLIDE』がアップデートし、2017年12月より国内での販売が開始された。

Peak Designのプロダクトの特徴は大きく2つある。

1つは、専用の留め具によって、ストラップの脱着が容易なこと。カバンの中にしまったりハンドストラップに変えたかったりと、カメラストラップをよく脱着する人には従来のひもを通すタイプのインターフェースは非常に不便だ。

Peak Designのストラップは、ハンドストラップや同社のバッグを含め同一規格の丸いプラパーツで簡単に脱着ができる。ストラップ以外のカメラバッグやハンドストラップ、クリップなどとも共通のため、Peak Designのプロダクトでギアを揃えると高い互換性を誇るシステムを組むことができる。

2つめは、スライダー。肩掛けから斜めかけ、ハンドなどストラップを頻繁に掛け替え・伸縮を行えるよう、スライダーのロックがワンタッチで解除できるようになっている。

いずれもフィールドで簡単にセットアップできるよう考え尽くされた仕様だ。

同社は2010年にKickstarterでクラウドファンディングを実施し、初のプロダクトをリリース。そのご改良を続け現在に至る。

僕自身、一世代前のものを利用しているが、今までのカメラストラップに比べると利便性は圧倒的。カメラによってPeak Design含めいくつかストラップを使っているが、いずれもカメラから簡単に取り外せるものにしている。外せるので防湿庫の容積も抑えられ(結果的に機材の増加に繋がったりす)る。

デザインも他と比べれば抜群に良い。(無論ギアとして)地道にアップデートを繰り返してくれている姿勢も好印象だ。

小さな会社ではあるが、今後も面白いプロダクトを出してくれることを期待している。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : Peak Design

杉とフレームが織りなす、重厚感と軽やかさ『FIL MASS Series』

ライフスタイルブランド『FIL』が展開する、杉集成材を用いたインテリアシリーズ『MASS Series』。

FILは黒川温泉でも知られる熊本県・南小国町に拠点を置き、”Fulfilling Life”をコンセプトに、家具・インテリアから小物、フレグランスプロダクトまで多様なプロダクトを展開している。

同社のウェブサイトにはFILのブランドについて以下のように記されている。

FILの存在意義は、このブランドに繋がる人々の「在り方」を 問う事にあります。ミニマム=少ないことを単に追い求めるのではなく、消費主義・資本主義の現代において本当の意味での豊かさを考えること。私たちは「満ち溢れた人生」の重要さを社会に問い、形に表すことでこの思考の重要性を世界に広めていきます。

MASS Seriesは小国杉の無垢集成材や金属のフレームを用いた家具シリーズ。杉の重量感と対比したフレームの構成が木素材の価値を高めてくれる様な、軽快さを産み自然環境のように風通りの良さを感じさせるプロダクトに仕上げているという。

クリエイティブやブランドコミュニケーションを有名エージェンシーが手掛けており、非常に上手いコミュニケーション、ブランディングを展開している。

無論プロダクトの素晴らしさは言うまでもない。

source / image : FIL