AppleのiPhoneに搭載される『Touch ID』。

iPhone 5sから搭載された指紋認証機能で、今までの4桁(現在は6桁)のパスコードを入力することなくロックを解除できるこの機能。

非常に地味な機能ではあるものの、iPhoneを取り出してからロックを解除するという約2,3秒を削減できるのは、iPhoneを使う頻度を考えると非常に大きなメリットとなります。

ユーザーとしても、携帯電話をカバンやポケットから取り出す一連の動作の中でロック解除ができるというのは、iPhoneを使いたいというユーザーの気持ちを妨げることなく操作に取りかかることができ、より良い体験を提供することにつながります。

また現在では、アプリなどの決済や一定のセキュリティを求められるアプリの解除にも利用することができ、ユーザーにとってパスコードを入力するという「セキュリティに必要な当たり前」を取り除いてくれた大きな変化と言えるのではないでしょうか。

source / image : Apple