Appleの決済システム『Apple Pay』がFeliCaに対応することが発表されました。

対応時期は今年10月下旬。対応端末は9月8日のKeynoteで発表された、『iPhone 7/7 Plus』と『Apple Watch Series2』のみです。

定期券の搭載も、Suicaへのチャージも全て可能に。Apple Payとしてのカード決済もQuick PayやiDといった従来規格を経由させて可能にしているようです。

Apple Pay自体はiPhone6以降の端末は対応できますが、日本で普及しているリード・ライト端末はFeliCa対応品。海外で利用されているApple Payとは別規格です。街中でApple Payを使うにはFeliCa対応した最新機種でないと利用ができません。

Apple Payの最大の課題はインフラ面でした。Apple Payに対応したリード・ライト端末を日本中に整備するのはかなりの労力がかかります。そうではなく、日本で広く普及しているFeliCaの規格に準拠した端末を作ってしまうという力業をAppleがしてくるとは。完全に予想外の展開でしたが、期待大。

今年は買わないつもりだったのですが…そうもいかなさそうですね。

source / image : Apple Pay