『ZOZOSUIT』が実現する3つの可能性。データドリブンなファッションへ

「久しぶりにやばいもの出てきたな…」と言うのが最初の印象だった。

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイは、採寸ボディースーツ『ZOZOSUIT』を発表した。

ZOZOSUITは上下セットで着用し、スマートフォンで撮影することで、全身のサイズを採寸できる、伸縮センサー内蔵のボディースーツ。11月22日に予約を開始したが、現在無料配布(送料別)となっている。

1個3,000円のプロダクトを無償で配りまくるZOZOTOWNに驚きつつ、その裏にはきっと膨大な可能性が眠っている。ビジネス面、そして一服好きとしてその可能性をちょっと考えてみる。

プライベートブランドの最適化

まず期待をされるのは、先日発表があったプライベートブランドでの活用だった。

極端に言えば、一人ひとりにぴったりのサイズで服を提供することができるはずだ。無論生産効率と価格のバランスを考えると合理的でなくなっていくのだが、UNIQLOのスーツのようにフルオーダーではないにしろ、低価格でパターンオーダーという可能性は十分にありうる。

La Fabricでは一度店頭で測定すれば、次回以降はオンラインから注文ができるのだが、ZOZOSUITがあれば初回からカスタムサイズの注文が可能になるはずだ。

もちろんカスタムサイズでないとしても、ZOZOSUITで集めたデータを元に最適解としての展開サイズを導き出すことは容易にできるはずだ。

どちらにしろ、プライベートブランドのサイジングに対するフィードバックはほぼほぼ間違いなく期待できるだろう。

ZOZO販売商品のサイジングの最適化と返品率

とはいえ、それだけで1着定価3,000円のプロダクトの原価が回収できる可能性は低いのではないか。

そこで次なる可能性として見えてくるのが、ZOZOTOWN上でのフィッティングミスの低下だろう。既存でもZOZOTOWN上では過去に購入した服のサイズを表示し、前買った(つまり手元にある)服と比較してどれくらいのサイズだろうと考えられるように作られている。

その精度をさらに向上させる施策として、自分の測定データと比較してどの程度か(どのあたりに何センチのゆとりが生まれるか、頑張れば3Dモデルくらい作れるだろう)を知ることができる。

これによって、ECにおける最大のハードルである「サイズ」問題を抜本的に解決していく可能性があるかもしれない。サイズ問題の解決は、購買時の心的ハードルをさらに下げることでの利用者の増加や、返品数の低下に寄与する。

ZOZOTOWNの場合、返品不可商品も少なくないが、スタートトゥデイが運営するECサイト(UNITED ARROWSなど)では返品可のサイトもある。そこでの返品率の低下は全体でのオペレーションコスト低下に繋がるはずだ。

詳細なファッションデモグラを持ったサイズデータ

そして、ZOZOSUITの最大の怖さ、つまり強さはデータにある。

1回で15,000箇所の採寸データを取得できるZOZOSUITがあれば、膨大な量の人間の採寸データを蓄積できる。ただZOZOが蓄積できる恐ろしさはそれだけではない。ZOZOには購買データに基づく膨大なファッションにおけるデモグラフィックデータが蓄積されているのだ。

これまで紐付けられることのなかった購買データと身体データが繋がることで、製造量やサイズの最適化からマーケティング、ブランディングの最適化などができる。

例えば、現在でもUnited Arrowsの服をよく買う人は、ボトムスはタイトめを好むが、トップスは意外と少しゆったりしたものを好みがちといったデータが見えてくるかもしれない。これは製造ボリュームの調整や次期シーズンにおけるパタンの最適化にも繋がって行く。

またお店ごとで買う人の体型に特徴があるなんてこともあるかもしれない。BEAMS BOYの服を買う人は身長160cm以下で比較的痩せ型の25歳以下が多いなんて具合にだ。であればそこにフォーカスしたマーケティングやブランディング、適切なプロダクトの展開ができるはずだ。

無論、すべてはスタートトゥデイが収集したデータをどう扱うかのポリシーによるが、購買データと採寸データを合わせることで、より定量的にファッションを扱えるのは他ではできない強みだ。

元々ファッションに特化したモールとして、ファッションブランドを横串に見れる強さがあったが、そこからより「購買者」のデータをリアルに見れ、製造へとフィードバックすることがZOZOSUITがあれば可能になるはずだ。

サイジングとフィッティング

さてさて、ビジネス面の強さはここまでで十分。ここからは個人的な服選びにおける価値について考えたいなと思う。

ZOZOSUITによって服のサイズが最適化される。ただこれはあくまで定量的な話でしかない。服を選ぶ基準、着心地は必ずしも定量的には測れない。適切なサイジングは見つけられても適切な服選びを実現するまではいかないということだ。

たとえば生地の質感や厚み、伸縮量、縫製の方法や位置、ライナーの有無や中身の量などによって服の着心地や着たときの印象は大きく変わる。つまり定量的に測れない要素が数多存在する。

そして同じサイズでも着方はそれぞれだ。同じタイトであっても、人によって考え方は異なる。無論、そこまで細かくこだわらないという人は構わない、しかし、ファッションは趣味性の固まりなので、こだわりが強い人も少なくない。

僕自身そうなので、強く思うが、最適なサイジングの提供はあくまで最適解を導き出しやすくする補助線の域を超えない気がするのだ。

テクノロジーが導く最適な服選びは、まだまだ時間がかかりそうだ。

img: ZOZOSUIT

『経年変化』はアートのように。HenderScheme『Case Study』

ヌメ革を用いたレザーアイテムを展開する『Hender Scheme(エンダースキーマ)』。

あらゆるプロダクトを生地のヌメ革を用いて制作する同社。ブランドとしてはmip(Manual Industrial Product)シリーズと言われる、有名メーカーのシューズをヌメ革で再現したプロダクトで知られている。

冒頭の画像では、左上がReebokのPUMP FURY、左下がNIKEのAir Force 1を再現したモデルだ。他にもAdidasのSuperStarや、VANSのERA、NewBalanceの1300など……さまざまな「名作シューズ」を上質なヌメ革で再現し展開している。

同社のプロダクトの魅力は上質な革で再現された美しさもあるが、色を乗せず、加工等を入れてない、“生地のヌメ革”を用いている点にある。BREEなどが感覚に近いが、使い込んでいくごとに革の変化が一番見えやすい素材を選んでいるとも言える。いわゆる“育てる革”なのだ。

育てることに魅力がある同社のプロダクトを「育てる前」と「育てた後」を並べて展示するイベント『case study』が、THE CONRAN SHOP SHINJUKUと、スキマ(HenderSchemeの旗艦店)の2店舗で共同開催される。テーマは文字通り『経年変化』。

期間は11月3日〜12日と短いが、展示はほぼほぼ間違いなく革好きにとっては魅力的なものになるはずだ。

(ちなみに筆者は綺麗に育てられる自信がなく、毎度買うのを躊躇している)

source / image : Hender Scheme

最高の“これでいい”。無印良品『オーガニックコットンスニーカー』

無印良品のスニーカー『オーガニックコットンスニーカー』。

Converseの名作スニーカー『ジャックパーセル』を思わせる形を、無印良品らしいアノニマスなデザインに落とし込んでいる。シーズンごとに数色ずつ展開しているが、通年展開の白を選ぶと、そのアノニマス感はさらに強調される。

無印良品のブランドコンセプトを以下のように記している。

無印良品が目指しているのは「これがいい」ではなく「これでいい」という理性的な満足感をお客さまに持っていただくことです。
「これがいい」には微かなエゴイズムや不協和が含まれますが「これでいい」には抑制や譲歩を含んだ理性が働いています。
しかしながら「で」の中には、あきらめや小さな不満足が含まれるかもしれません。
無印良品は「で」の中にある小さな不満足を払拭し、明晰で自信に満ちた「これでいい」の次元を目指します。

『オーガニックコットンスニーカー』は、このコンセプトを体現しているようなデザインだと個人的には思っている。

こと白いスニーカーに関しては、汚れが最大の弱点だ。とはいえ、都度買い換えていてはコストも嵩む。汚したくないから履かないというのは本末転倒だが、下駄箱で繰り広げられる意思決定の中では比較的よくある話だろう。

度々書いているが、僕は無印良品の素晴らしさはいつ行っても同じものが用意されている点にあると思う。たとえ汚してもまた買えるとという安心感はとても大きい。勿論、2,990円という価格的安心感はいうまでもないし、「これでいい」と思える商品を作ってくれていることは前提だ。

「でいい」を変わらず追求し、用意してくれる無印良品。僕は頭が上がらない。

source / image : 無印良品

NIKE International

今年7月より発売されている、Nikeの新しいコレクションライン『Nike International』。

同社が1989年に発足させた世界的陸上競技クラブNike International。同クラブからインスピレーションを得て、現代の陸上スター選手のスタイル・美的感覚を反映したコレクションラインとして『Nike International』は生まれました。

2016SSをファーストコレクションとし、随時商品を展開していく模様。コンセプチュアルな商品ラインナップは『Tech Pack』を思い出させます。今期、個人的にはボトムスが魅力的。冒頭の『2-in-1 Pant』はコンセプトが面白く、下の『Jogger Pant』はTech Pack的なハイテク感があります。

期待のニューライン、引き続きチェックしていきたいと思います。

nike-international_2

ad : Amazon , Rakuten
source / image : Nike International

【weekends】金沢発、本格靴の名店『KOKON』

JohnLobb、EdwardGreen、Alden…。本格靴といわれて真っ先に思い着くのは、海外メーカーという人は少なくないのではないでしょうか。

本場のヨーロッパが優れた靴を作れるのは事実。しかしここ日本にもヨーロッパに引けをとらない本格靴を作るメーカーが存在します。それが金沢発の本格靴メーカー『KOKON』です。

KOKONは店主の小紺浩良氏が1995年に金沢の地で創業した商店街にある小さな靴屋さんです。既成靴とオーダー靴の販売を行う同店ですが、独自ラストの改良、そしてOEMメーカー『セントラル靴』との協業によって、その評価を高めはじめました。

セントラル靴発の『JOE WORKS』の高い技術

セントラル靴は、国内の本格靴OEMとして名の知られたメーカー。Trading Postのオリジナル品をはじめ、多くの国産本格靴の製造を裏で支えており、製造技術の高さには定評があります。

KOKONは長らくセントラル靴に製造を委託することで、そのクオリティの高さで評価を得てきました。しかし2014年「KOKON製品の製造管理を担っていた駒沢氏が同社から独立。それに合わせてKOKONも駒沢氏の会社『JOE WORKS』に委託先を移管しました。

これにより、高い技術はそのままにより柔軟性と信頼性の高いパートナーを得ることに成功。安定してハイクオリティな製品を製造し続けてくれているのです。

 

海外の名店にひけをとらない高品質な革

KOKONは、その製造クオリティもさることながら、高く評価される所以はその革にもあるでしょう。

KOKONでは、日本を代表するタンナー『新喜皮革』のコードバンをはじめ、『カールフロイデンベルク』や『デュプイ』、『アノネイ』といった海外の有名タンナーの革を一通り取り揃えています。

極東の日本、そして金沢の小さなお店でありながらも、取り扱っている革は大手海外メーカーと遜色ないのです。

 

洗練された独自ラスト

そして靴の要ともいえるラストもまた、KOKONを語る上では外せない要素です。

KOKONには、2006年に日本人の足に合わせ開発された名ラスト『KO-1』と、それを改良し近代的な甲低でスリムな足に合わせた『KO-N1』。そして外羽やプレーントゥ用などに『KO-9』とその改良版の『KO-N9』、『KO-4』など複数の独自ラストが存在します。

そのなかでも特に私が気に入っているのがKO-N1です。KO-N1は土踏まずのアーチと絞り込みが強く、ヒールカウンターも小ぶり。ノーズも長くないトラディショナルな英国靴の形をしています。個人的な感覚では、甲を少し高くしたEdwardGreenの#82といったところでしょうか。

しかし、KOKONのように複雑な形状をしたラストは製造難度も高くなってしまいます。その製造難度を、駒沢氏率いる『JOE WORKS』の高い技術によって担保することで、KOKONの靴は実現されているのです。

このように、『高い製造技術』『ハイクオリティな革』『優れたラスト』があわさることで、KOKONの靴は実現されているのです。そしてKOKONの驚くべき点は、このようなハイクオリティな靴を58,000円〜という非常に安価な価格で提供していること。1ドル100円以下だった時代でも10万近い値段だった海外メーカーと比較すると、圧倒的な低価格で手にすることができるというわけです。

現在では金沢の本店だけでなく、同店で修行を積んだ店主が接客してくれる名古屋の『Avanti』、そして横浜の『Gloucester Road Shoes Shop』の計3店舗で展開されるKOKONの靴。

是非一度、試してみてはいかがでしょうか。

LINK : KOKON

NOMOS 『Tangente』

NOMOSの腕時計『Tangente』。

建築家ヴァルター・グロピウスによるドイツの超有名美術学校「バウハウス」デザインの流れを汲む時計として知られるNOMOS。その代表作のTangenteは、モダニズムの流れを強く受けた無駄のないシンプルなデザインの中に、独自のフォント、スモールセコンド、青針を上手く納めた同社の代表作です。

JunghansのMaxBillなどとよく比べられるNOMOSですが、こちらの方が趣味性の低い実用時計の側面が強く、ムーブメントもETAの汎用品を使っているため、機械式時計の中では比較的安価で手を出しやすい製品です。

私自身、元々持っていたROLEXのGMT Master Ⅱを手放しNOMOSを手にしたのですが、ROLEXなどのように威張りは効かないものの、重量的にも価格的にもデザイン的にも、気軽に使えることが一番の魅力。

逆に、ROLEXは無理をしていたんだなと気づかせてくれた時計でもありました。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : NOMOS

SONY 『wena wrist』

SONYのスマートウォッチ『wena wrist』。

他のスマートウォッチと異なり、バンド部分にスマート機能を詰め込むことで、時計部分はアナログ時計ならではの良さを活かした本プロダクト。Felicaやアクティビティトラッカー、通知機能といった基本機能は備えつつも、時計・バンドメーカーと協業し、充電端子を綺麗に隠したり、素材に「SUS316L」という高級時計で用いられるステンレスを用いたりと、時計ならではの美しさを大事にしています。

先日、開発チームを統括する對馬さんにインタビューさせていただいたのですが、彼のこのプロダクトにかける思いは半端ではありません。

ウェアラブルデバイスが大好きで、学生の頃にwenaのアイデアを考え、これを実現するためにSONYを選んで入社。入社1年目にして彼のアイデアは同社の社内ベンチャーシステム『SAP(Seed Acceleration Program)』で抜擢され、クラウドファンディングでは1億円以上の出資を集めました。

インタビューの際に触らせていただいた製品もとても質感が高く、本当に時計を愛する人だからこそ作れたスマートウォッチと言えるプロダクトでした。3月末より出荷が始まっているので、そろそろ多くの人々の手元に届く頃。実際に使ってみたユーザーの声がどうかが楽しみです。

source : wena

千葉スペシャル

有楽町駅前にある、靴磨きの名店『千葉スペシャル』。

元々は高架下に店を構えるいわゆる靴磨き屋さんだったが、磨きの技術と、独自開発のクリームの質の高さから多くの顧客を抱え、経営者や有名人なども足繁く通うほどのお店となった。しかし、都の条例の関係で路上での商売が難しくなり一時閉店。

再会を望む声が多いものの場所等々の折り合いがなかなかつかなかったところに、ある顧客が後の店舗の場所となる有楽町交通会館のオーナーと話をつけることに成功。同じく顧客だったセレクトショップ大手のUnited Arrows会長重松氏がユニフォームを用意。これまた顧客だったインテリアデザイン大手の乃村工藝社渡辺社長からは椅子や磨くための台といった什器を提供。顧客達の熱い想いが店舗の復活を実現したのである。

今では有楽町交通会館1Fの広場で毎日長蛇の列を作りながら営業をしている。百貨店に行けば立派な設えの靴磨き屋さんが最近増えているなか、高い技術を持ち、多くの顧客に愛される千葉スペシャル。

自分で磨いても上手くできない靴を持って行けば、見違えた姿で出会えること間違いないだろう。是非一度お試しあれ。

source / image : 千葉スペシャル

Apple Watch Hermès

Apple WatchのHermès仕様『Apple Watch Hermès』です。

アップルというテック企業が作った時計に対して、時計メーカーでもあるメゾンブランドHermèsがコラボテーションして生まれたこのモデル。メゾンブランドとテック企業が手を組んだという意味でも、時計メーカーがスマートウォッチに手を貸したという意味でもこのコラボは驚きでした。

これは、それだけアップルがブランドとして世界的に認知をされているという意味でもあり、同時にHermèsがいかに懐の深いブランドなのかということも象徴したものでした。

プロダクトとしては非常に良くまとまっており、Apple製品らしい洗練されたデザインにHermèsの上品なバンドがマッチしとても魅力的です。Apple Watchが何十年も使えるものでないという点を除けば、非常に完成度が高いといえるでしょう。

もし「中身だけを入れ替えて使い続けられる」なんてことがあるのであれば手を出そうかなと思いつつ。現状はApple Watch Sportでいいかなという感じです。

source / image : Apple

Tudor『Heritage Black Bay』

Tudorの『Heritage Black Bay』。近年ビンテージ腕時計が人気を博し、希少性の高いビンテージ時計の価格が上がるなか、Tudorが発表したのがこのHeritage Black Bayです。

ROLEXのセカンドラインであるTudorもビンテージ品は価格が上がり、新品よりも高いものがあるほど。そんななかで出てきたこのHeritage Black Bayは、「ビッグクラウン」や「イカ針」「小薔薇ロゴ」「ゴールドサークル」など、ビンテージのTudorサブマリーナの要素をふんだんに盛り込んでいます。

その一方で、ムーブメントなどの中身は現代技術の粋を尽くしているので、数十年共にすることを考えるとアフターメンテナンスの面ではビンテージを手にするよりも明らかに安心です。

唯一気になるのは、ケースが41mmと現代サイズになっていることですが、そこさえ気にならなければ、あえてビンテージTudorを買うより、このHeritage Bkack Bayの方がいい選択になる気がします。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : Tudor