有楽町駅前にある、靴磨きの名店『千葉スペシャル』。

元々は高架下に店を構えるいわゆる靴磨き屋さんだったが、磨きの技術と、独自開発のクリームの質の高さから多くの顧客を抱え、経営者や有名人なども足繁く通うほどのお店となった。しかし、都の条例の関係で路上での商売が難しくなり一時閉店。

再会を望む声が多いものの場所等々の折り合いがなかなかつかなかったところに、ある顧客が後の店舗の場所となる有楽町交通会館のオーナーと話をつけることに成功。同じく顧客だったセレクトショップ大手のUnited Arrows会長重松氏がユニフォームを用意。これまた顧客だったインテリアデザイン大手の乃村工藝社渡辺社長からは椅子や磨くための台といった什器を提供。顧客達の熱い想いが店舗の復活を実現したのである。

今では有楽町交通会館1Fの広場で毎日長蛇の列を作りながら営業をしている。百貨店に行けば立派な設えの靴磨き屋さんが最近増えているなか、高い技術を持ち、多くの顧客に愛される千葉スペシャル。

自分で磨いても上手くできない靴を持って行けば、見違えた姿で出会えること間違いないだろう。是非一度お試しあれ。

source / image : 千葉スペシャル