ライフスタイルブランド『FIL』が展開する、杉集成材を用いたインテリアシリーズ『MASS Series』。

FILは黒川温泉でも知られる熊本県・南小国町に拠点を置き、”Fulfilling Life”をコンセプトに、家具・インテリアから小物、フレグランスプロダクトまで多様なプロダクトを展開している。

同社のウェブサイトにはFILのブランドについて以下のように記されている。

FILの存在意義は、このブランドに繋がる人々の「在り方」を 問う事にあります。ミニマム=少ないことを単に追い求めるのではなく、消費主義・資本主義の現代において本当の意味での豊かさを考えること。私たちは「満ち溢れた人生」の重要さを社会に問い、形に表すことでこの思考の重要性を世界に広めていきます。

MASS Seriesは小国杉の無垢集成材や金属のフレームを用いた家具シリーズ。杉の重量感と対比したフレームの構成が木素材の価値を高めてくれる様な、軽快さを産み自然環境のように風通りの良さを感じさせるプロダクトに仕上げているという。

クリエイティブやブランドコミュニケーションを有名エージェンシーが手掛けており、非常に上手いコミュニケーション、ブランディングを展開している。

無論プロダクトの素晴らしさは言うまでもない。

source / image : FIL

Recent Posts