米国を代表するインテリアブランド『Herman Miller』。

イームズをはじめ有名インテリアデザイナーによるプロダクトを展開する同社には、特徴的な保証制度が存在する。『12年間に及ぶ製品保証』だ。

アーロンチェアやミラチェアなどをさまざまなラインナップを展開する同社のオフィスチェアは消耗品パーツも含め、全ての部品において12年間の修理サポートが無料付帯される。

座面のメッシュから、フレーム、タイヤまで。スレ、傷、割れ、破れ全てにおいて通常使用の範囲内における自然故障は、保証期間内であれば無償修理を提供する。(昇降用のガス圧シリンダーというパーツのみ2年に設定されている)オフィスチェアは明らかに消耗が激しい製品だ。一般的なオフィスワーカーであれば1日8時間、ないしはそれ以上の時間×週5日利用する。

家のダイニングテーブルやチェア、ベッド、ソファよりも遙かに使っている時間は長い。にも関わらずHerman Millerは12年にも渡り保証を提供する。

12年保証 耐久性と信頼性 | ハーマンミラーメンテナンス

さらにアーロンチェアでは、オーバーホールサービスも16,800円で提供している。保証期間が過ぎた後でも、使い続けてもらうために、分解修理・調整を行ってくれるという。

どちらの制度からも、同社の製品への自信と愛が伝わってくる。12年ひいてはそれ以上の期間愛用し続けてもらいたい。そのための制度は用意すると言うわけだ。無論、同社の製品は高価だからというのも理由の1つではあるだろう。本体価格には修理見込みの費用もきっと上乗せされている。

Herman millerは価格を上げ、売り上げが減るかも知れなくても、製品を長く愛用し続けて欲しいと考えているのだろう。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : Herman Miller

Recent Posts