IIJが提供するMVNOサービス『みおふぉん』。

ここ数年で一気に広がった、いわゆる格安SIM。普通に大手3社で契約すると月額5000円はほぼマストにも関わらず、頻繁に使うパケット料金ばかり値上げされ、あまり使わない音声通話のみが利用し放題になるというねじれが生まれています。私もiPhone 3Gの頃からずっとSoftBankユーザーでしたが、この大手3社の流れにはさすがについて行けず。

b-mobileの出始めの頃よりMVNOはウォッチし続けていましたが、ここ1,2年で一気に提供企業も増え、サービスのクオリティも上がってきたため、いよいよ乗り換えることに。そのなかで『みおふぉん』を選んだのは何よりも回線の安定性からです。MVNOは大手の回線を”間借り”しているに過ぎないため、docomo網とはいいつつも、回線が逼迫すると速度低下が著しく、混雑時間帯は全然つながらないキャリアも少なくありません。

選定のためMVNOサービスの速度比較しているサイトを参考にしたなかで、一番接続と速度が安定していたのが『みおふぉん』でした。実際に利用して1ヶ月ほど経ちますが、SoftBank網と比較すると遜色ない安定性を保っています。これで通信料は半額なんですから、乗り換えない理由は見当たりませんね。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : IIJ