Amazon『Kindle Unlimited』

Amazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』。

月額980円で、12万冊の書籍・雑誌・マンガに加え、120万冊の洋書も楽しむことができる本サービス。海外ではすでにスタートしていましたが、日本でも今年8月遂にサービスインしました。

一通り見たところでは、書籍は出版社や作者ごとで対応が異なり、マンガは最初の数冊や、最新刊以外、全巻対応と作品ごとで対応が異なる様子。雑誌はバックナンバーを中心に対応といったところが多い印象でした。個人的には気になる書籍をザッピングしつつ、雑誌を読み漁るサービスとして活用しています。『Wired』や『COURRiER Japon』といった電子書籍に積極的な媒体は勿論 、『Pen』、『Casa BRUTUS』などのライフスタイル誌も積極的に対応してくれているのはありがたいところ。

海外と比べるとやはり電子書籍への対応に遅れは感じるものの、『Apple Music』や『AWA』などの音楽ストリーミングサービスに続き、業界の構造を変える可能性に期待したいです。

source : Kindle Unlimited

Amazon 『Prime Now』

Amazonが展開する、最短1時間以内の配送サービス『Prime Now』。

専用の配送センターに在庫されている商品であれば、890円の追加料金で最短1時間以内、2時間以内であれば無料で配送してくれる本サービス(要Amazonプライム)。欲しいものが対象でないことも少なくないですが、日用品は対象になっているものが多く、日常的にAmazonを利用している人にとっては画期的なサービスといえるでしょう。

私自身最近サービスエリア内に引っ越したのですが、帰りの電車でオーダーしたものが家に着いてすぐ届くという体験は、私たちの日常生活を大きく変える可能性を持っていると日々感じています。

現在は東京を始めとした主要都市部やAmazonの倉庫が近い特定のエリアだけのサービスになっていますが、これが多くのエリアに広がれば、いよいよ小売り店とECとの境界が本格的に曖昧になってくるかもしれません。

source : Amazon Prime Now