NT 黒刃30°『BD-2000』

NTの『黒刃30°Spare Brade BD-2000』。

通常のカッター刃は刃先の傾斜が60°なのに対し、これは30°と鋭角。そして、通常の刃(白刃)よりも切断面をより鋭利に研磨し、青色酸化被膜を施して錆びにくく強化したものがこの『黒刃』です。切れ味が良く、30°と鋭角のため細かい作業に適しています。

白刃と比べるとあまりにも切れ味が違うため、一度黒刃を使うと戻れなくなるほど。またカッターとは加工方法が異なりますが、ハサミも切れ味のいい黒刃が売っているので、私はハサミも黒刃に入れ替えしました。

ただ、黒刃は普通の文具店ではあまり販売されておらず。私の場合は世界堂など大型文具店に行ったときに、100枚入のBD-2000をまとめ買いするようにしています。

ad : Amazon
source : NT

NT Pro Series『AD-2P』

NTのプロシリーズ『AD-2P』。通常のカッターは刃先の角度が30°なのに対し、これは60°になっており、刃先が細くより細かい作業に適しています。

カッターといえばOLFAが圧倒的な知名度を誇りますが、個人的にはNTカッター派。OLFAはラインナップが広くプロツールとしても定評がありますが、本体サイズがこのAD-2Pのほうが小型。筆箱にしまうことを考えると、こちらのほうが利便性が高いんです。

デザインはステンレスと赤いプラのみで仕上げたシンプルなもの。机に置いてもそこそこに様になります。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : NT