Tesla Motorsの『Model 3』。

1000万円台の高級EVを製造・販売するTeslaが作った、35,000ドル(約400万円)のEVがこの『Model 3』です。

スーパーカーレベルの性能を持つ主力商品のセダン『Model S』やSUVの『Model X』に比べれば、航続距離や加速性能等々は劣るものの、街中で普通に乗る分には12分の性能を有し、自動運転機能付、航続距離345km、0-100km/hの加速が6秒と他のEVに比べ圧倒的な性能を誇ります。

日産リーフの航続距離が上位モデルで280km、BMWのi3が229kmなのを考えれば、この『Model 3』がEVとしていかに優れているかがよく分かるでしょう。今までは、遠くまで行くには使えないセカンドカー的扱いを受け続けてきたEVも、この『Model 3』の登場によってその状況が一変する可能性も否定できません。

無論、EVの普及にはインフラの整備という大きな課題が残っていますが、そこを実現できるか否かの判断基準には市場の要請がどの程度有るかという点も大きく関わってくるでしょう。ゆえに、多くの人にとって魅力的なEVが登場するということは、EV周りの環境の変化を巻き起こすという意味でもあるのです。

あまり新しいものを追う記事は書かないつもりでいるのですが、この『Model 3』に関しては今後のEV界を大きく変えるかもという期待も込めてピックアップしました。発売時期は来年春を予定しており、すでに予約が始まっています。

source / image : Tesla Motors