Tudorの『Heritage Black Bay』。近年ビンテージ腕時計が人気を博し、希少性の高いビンテージ時計の価格が上がるなか、Tudorが発表したのがこのHeritage Black Bayです。

ROLEXのセカンドラインであるTudorもビンテージ品は価格が上がり、新品よりも高いものがあるほど。そんななかで出てきたこのHeritage Black Bayは、「ビッグクラウン」や「イカ針」「小薔薇ロゴ」「ゴールドサークル」など、ビンテージのTudorサブマリーナの要素をふんだんに盛り込んでいます。

その一方で、ムーブメントなどの中身は現代技術の粋を尽くしているので、数十年共にすることを考えるとアフターメンテナンスの面ではビンテージを手にするよりも明らかに安心です。

唯一気になるのは、ケースが41mmと現代サイズになっていることですが、そこさえ気にならなければ、あえてビンテージTudorを買うより、このHeritage Bkack Bayの方がいい選択になる気がします。

ad : Amazon , Rakuten
source / image : Tudor