SONYのスマートウォッチ『wena wrist』。

他のスマートウォッチと異なり、バンド部分にスマート機能を詰め込むことで、時計部分はアナログ時計ならではの良さを活かした本プロダクト。Felicaやアクティビティトラッカー、通知機能といった基本機能は備えつつも、時計・バンドメーカーと協業し、充電端子を綺麗に隠したり、素材に「SUS316L」という高級時計で用いられるステンレスを用いたりと、時計ならではの美しさを大事にしています。

先日、開発チームを統括する對馬さんにインタビューさせていただいたのですが、彼のこのプロダクトにかける思いは半端ではありません。

ウェアラブルデバイスが大好きで、学生の頃にwenaのアイデアを考え、これを実現するためにSONYを選んで入社。入社1年目にして彼のアイデアは同社の社内ベンチャーシステム『SAP(Seed Acceleration Program)』で抜擢され、クラウドファンディングでは1億円以上の出資を集めました。

インタビューの際に触らせていただいた製品もとても質感が高く、本当に時計を愛する人だからこそ作れたスマートウォッチと言えるプロダクトでした。3月末より出荷が始まっているので、そろそろ多くの人々の手元に届く頃。実際に使ってみたユーザーの声がどうかが楽しみです。

source : wena