ここ数年のスニーカーブームで、私のワードローブにも何足ものスニーカーがやってきました。ただ、革靴と違いスニーカーは履き潰してしまうもの。買い足さない限り最終的には姿を消すことになります。

そのなかでも何足か買い続け、定番となって残っているのがこの『NewBalnce 996』です。ちょうどまた1足買い足してきたところだったので、今回は私がこの996を履き続けている理由を書きたいと思います。

履き心地・履きやすさ

誰もがNewBalanceを選ぶ理由で真っ先にあげるのは履き心地でしょう。1300を履いたとき「雲のを上を歩いているかのようだ」とラルフローレンが語った話は有名ですが、この996もやはり同様。

非常に軽いはき心地に、足を進めるのにほどよい反力。ソールがしっかりしているので地面からの衝撃が少なく、足の裏が疲れるということがほぼありません。また、履き心地と同じくらい気に入っているのが履きやすさ。他のNewBalanceにくらべ、履き口が柔らかいので足入れが非常に楽。

例えば1600の場合だと、履き口がしっかりし過ぎて足を入れるのにそれなりに力を要するし、576のようにレザーだどうしても引っかかりやすくなります。それに対し996の場合はすんなりと履けるというわけです。

無論履き口がヘボいわけではなくほどよい固さ。強いて言えば、レザーではなく布のため傷みが目立ちやすいというデメリットもありますが…。

デザイン

とはいえ、前述の履き心地の点に関してはNewBalance全般的に他のスニーカーより優れているところではあります。私が996を特に気に入って履いている理由は、やはりデザインの面が大きいかと思います。

576や1300という代表作に比べ若干細長い形をしたこの996。NewBalanceの魅力に「ポテッとした形」があがることも多いですが、履いてみるとちょっと服に合わせずらいかもと思った人も少なくないのではないでしょうか。

その点この996は細身で縦も長めに作られているので、他のNewBalanceに比べ圧倒的に服に合わせやすくなります。本当に。特に太めのパンツの場合は他のNewBalanceだとバランスが悪くなりがちですが、996だからこそ合わせられることが私感では多いです。

耐久性

ここはスニーカーゆえにしかたない部分ではありますが、やはり履きつぶすものになってしまいます。一般的に靴のダメージは主に「アッパーがヘタレる」のと「ソールがなくなる」の2パターンあると思いますが、NewBalanceの場合は前者が先に訪れることが個人的には多いです。

無論履き方によるところが大きいと思いますが、私の場合、平均週2日程度履くペースで、大体2年〜2年半で買い替えています。手入れとしては、防水スプレーやスエード用栄養スプレーを使い、あまりにも汚れが目立つようなら革用のクリーナーで洗うという感じです。

アッパーが剥がれて履けなくなるとかではないのですが、落ちない汚れが目立ったり、スエードが明らかに傷んでいる見た目になる感じです。

一方、ソールは歩き方が悪くソールの減りやすい私の場合で、2年半ギリギリというラインでした。3年は絶対にもたないくらいなので、アッパーが大丈夫でもこちらが先にアウトになりそうです。

ただ、スニーカーとしてはアッパーもソールも十分なレベルだと個人的には思っています。革靴のように、何年も使い続けられるものではないですからね。特にソールは、他のスニーカーに比べてもかなり持つ方ではないでしょうかね。

***

といったわけで996ばかりを履き続けています。特に996を選ぶ要因は、やはり服の合わせやすさと履き心地のよさでしょうか。価格も1400や576などに比べれば安価なので、履き潰してもダメージが大きくないのもありがたいところです。あとは廃盤にならず、売り続けてくれることを願うばかりです。

ad : Amazon , Rakuten
image : Pinterest