「久しぶりにやばいもの出てきたな…」と言うのが最初の印象だった。

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイは、採寸ボディースーツ『ZOZOSUIT』を発表した。

ZOZOSUITは上下セットで着用し、スマートフォンで撮影することで、全身のサイズを採寸できる、伸縮センサー内蔵のボディースーツ。11月22日に予約を開始したが、現在無料配布(送料別)となっている。

1個3,000円のプロダクトを無償で配りまくるZOZOTOWNに驚きつつ、その裏にはきっと膨大な可能性が眠っている。ビジネス面、そして一服好きとしてその可能性をちょっと考えてみる。

プライベートブランドの最適化

まず期待をされるのは、先日発表があったプライベートブランドでの活用だった。

極端に言えば、一人ひとりにぴったりのサイズで服を提供することができるはずだ。無論生産効率と価格のバランスを考えると合理的でなくなっていくのだが、UNIQLOのスーツのようにフルオーダーではないにしろ、低価格でパターンオーダーという可能性は十分にありうる。

La Fabricでは一度店頭で測定すれば、次回以降はオンラインから注文ができるのだが、ZOZOSUITがあれば初回からカスタムサイズの注文が可能になるはずだ。

もちろんカスタムサイズでないとしても、ZOZOSUITで集めたデータを元に最適解としての展開サイズを導き出すことは容易にできるはずだ。

どちらにしろ、プライベートブランドのサイジングに対するフィードバックはほぼほぼ間違いなく期待できるだろう。

ZOZO販売商品のサイジングの最適化と返品率

とはいえ、それだけで1着定価3,000円のプロダクトの原価が回収できる可能性は低いのではないか。

そこで次なる可能性として見えてくるのが、ZOZOTOWN上でのフィッティングミスの低下だろう。既存でもZOZOTOWN上では過去に購入した服のサイズを表示し、前買った(つまり手元にある)服と比較してどれくらいのサイズだろうと考えられるように作られている。

その精度をさらに向上させる施策として、自分の測定データと比較してどの程度か(どのあたりに何センチのゆとりが生まれるか、頑張れば3Dモデルくらい作れるだろう)を知ることができる。

これによって、ECにおける最大のハードルである「サイズ」問題を抜本的に解決していく可能性があるかもしれない。サイズ問題の解決は、購買時の心的ハードルをさらに下げることでの利用者の増加や、返品数の低下に寄与する。

ZOZOTOWNの場合、返品不可商品も少なくないが、スタートトゥデイが運営するECサイト(UNITED ARROWSなど)では返品可のサイトもある。そこでの返品率の低下は全体でのオペレーションコスト低下に繋がるはずだ。

詳細なファッションデモグラを持ったサイズデータ

そして、ZOZOSUITの最大の怖さ、つまり強さはデータにある。

1回で15,000箇所の採寸データを取得できるZOZOSUITがあれば、膨大な量の人間の採寸データを蓄積できる。ただZOZOが蓄積できる恐ろしさはそれだけではない。ZOZOには購買データに基づく膨大なファッションにおけるデモグラフィックデータが蓄積されているのだ。

これまで紐付けられることのなかった購買データと身体データが繋がることで、製造量やサイズの最適化からマーケティング、ブランディングの最適化などができる。

例えば、現在でもUnited Arrowsの服をよく買う人は、ボトムスはタイトめを好むが、トップスは意外と少しゆったりしたものを好みがちといったデータが見えてくるかもしれない。これは製造ボリュームの調整や次期シーズンにおけるパタンの最適化にも繋がって行く。

またお店ごとで買う人の体型に特徴があるなんてこともあるかもしれない。BEAMS BOYの服を買う人は身長160cm以下で比較的痩せ型の25歳以下が多いなんて具合にだ。であればそこにフォーカスしたマーケティングやブランディング、適切なプロダクトの展開ができるはずだ。

無論、すべてはスタートトゥデイが収集したデータをどう扱うかのポリシーによるが、購買データと採寸データを合わせることで、より定量的にファッションを扱えるのは他ではできない強みだ。

元々ファッションに特化したモールとして、ファッションブランドを横串に見れる強さがあったが、そこからより「購買者」のデータをリアルに見れ、製造へとフィードバックすることがZOZOSUITがあれば可能になるはずだ。

サイジングとフィッティング

さてさて、ビジネス面の強さはここまでで十分。ここからは個人的な服選びにおける価値について考えたいなと思う。

ZOZOSUITによって服のサイズが最適化される。ただこれはあくまで定量的な話でしかない。服を選ぶ基準、着心地は必ずしも定量的には測れない。適切なサイジングは見つけられても適切な服選びを実現するまではいかないということだ。

たとえば生地の質感や厚み、伸縮量、縫製の方法や位置、ライナーの有無や中身の量などによって服の着心地や着たときの印象は大きく変わる。つまり定量的に測れない要素が数多存在する。

そして同じサイズでも着方はそれぞれだ。同じタイトであっても、人によって考え方は異なる。無論、そこまで細かくこだわらないという人は構わない、しかし、ファッションは趣味性の固まりなので、こだわりが強い人も少なくない。

僕自身そうなので、強く思うが、最適なサイジングの提供はあくまで最適解を導き出しやすくする補助線の域を超えない気がするのだ。

テクノロジーが導く最適な服選びは、まだまだ時間がかかりそうだ。

img: ZOZOSUIT

Recent Posts